kuruma-10nen-09-11

10年乗ったクルマは売却か乗り潰すかで悩む?

かつて日本の車の品質が低かった時代には、新車登録から10年、走行距離10万kmというのが、廃車にする目安となっていました。

その時代の記憶が残っているのか、未だに10年乗ったらそろそろ廃車にすることを考えるという人も多いようです。

しかし、現在の日本車の寿命は伸びています。

日本のクルマが新車登録されてから廃車になるまでの期間は、平均13年と言われています。

つまり、現在の品質の高い日本車であれば13年程度はまったく問題なく乗れるし、しっかりメンテナンスをしていれば走行距離も20万km程度は普通に走れるのです。

ここまで日本車の耐久性が上がってくると、10年程度乗った車を売るべきかそれとも壊れるまで乗り潰すべきなのか悩む人も多いと思います。

昔であれば、10年乗った車は廃車にする選択肢しかなかったのですが、いまでは十分に売却も可能です。

日本国内の車が廃車になるまでの平均が13年ですから、あと3年程度は問題なく乗れると考えられますので、車としての価値は残っています。

また、最近では海外への輸出ルートをもつ買取店も多くなっており、そういった店であれば10年落ちの車であっても問題なく買取をしてもらうことができます。

日本では、まだまだ走ることの出来る車を平気で廃車にしてしまったりしますが、中東や東南アジアでは、本当に動かなくなるまでクルマを乗り続けます。

そのため、10年落ちで10万km程度の走行距離の車であれば、非常に程度のいい車として高く評価をされることになります。

そのような理由から、10年落ちの車であっても、十分に売却の検討は可能だといえます。

とはいえ、10年落ちとなると、それほど高額で売却出来るわけではないので、もし売却や下取りである程度の金額になることを期待するのであれば、3回目の車検のタイミングである7年落ちあたりで買い替えを検討するといいでしょう。

もちろん、乗り潰すという選択肢もあります。

ただ、10年以上乗った車はそれなりに各パーツに痛みが出てきますので、メンテナンスにお金がかかる可能性が高いといえます。

また、日本では13年以上経過した車は、自動車税や重量税が上がってしまいますので、もし動かなくなるまで15年も16年も乗り続けるのであれば、その点は覚悟をしておいたほうがいいでしょう。