kuruma-dentaku-09

車を売るときにトラブルにならないために知っておくべきこと

中古車の買取の現場ではトラブルが生じることもあるので、気をつけなければなりません。

実際にあったトラブルの実例を知ることにより、自分が車を売るときのそういったトラブルに遭遇しないようにしたいものですね。

中古車の売買契約をするにあたっては大きな額のお金が動くことになりますし、 自動車の登録など重要な行政手続きなどの問題もありますので、できるだけトラブルは避けたいところです。

まず最初に知っておいてほしいトラブル事例として、査定額に関するものがあります。

ネットの一括査定サイトなどを利用した結果、高額な査定額を提示されたので喜んで店舗に向かったところ、 実際の車を見た結果かなりの金額を減額されてしまったというものです。

業者がお客を店に来させるために意図的に高額査定を提示する悪質な場合もあるようですが、実際にはそうでないことも多いようです。

車の査定というのは、年式や走行距離から単純に算出できるものではありません。

そのため、どうしても実車をみないでネットだけで査定をするというのは限界があるわけです。

実際の車を見た結果、思っていたよりも傷が多くて状態が悪いと判断されれば、査定額が減額になるのは仕方のないところです。

ですから、ネットで提示される査定額というのはあくまでも目安と考えておくことが、トラブル防止になるといえます。

それから、車の買取りにおいて意外にトラブルが多いのが、出張買取りサービスを利用した場合です。

業者の提示した査定額に納得が行かず断ったところ逆切れして居座られ、 売却するよう強引に迫られたというようなトラブルが実際にあるようです。

業者側の言い分としては、せっかく人件費や交通費をかけて出張してきたのに、売却を断るとはけしからんというわけです。

それまでの丁寧な態度とは一変して、ヤクザも顔負けの言葉で売却を強引に迫ってくることがあるようです。

出張査定の担当者には歩合で報酬が入ることもあるようなので、彼らも必死になって買取りをしようとするのでしょう。

確かに、わざわざ自宅まで出張査定に来てもらったのに手ぶらで帰ってもらうというのは後ろめたい気持ちになるものですが、だからといって納得のいかない金額で車を売却する義務などありません

売るかやめるか決めるのは、あくまで売る側が判断すべきことです。

もし、その担当者があまりにも強引で帰らないようであれば、会社に連絡をするか、消費者センターなどに助けを求めるようにするといいでしょう。

もし、口調が脅すような感じであれば、警察に連絡をするようにしましょう。