kuruma-tabako-09

喫煙車は禁煙車にくらべて査定額がかなり下がるそうです

車の査定を受けてみて分かったことですが、喫煙車は査定額が大きく下がってしまうそうです。

たとえ車内で喫煙をしたとしても、キズ・凹みとは無関係なので査定に関係ないと思いがちですが、どうもそうではないらしいのです。

車内で喫煙をすると、タバコの悪臭が染み付いてしまいますので、このにおいを敬遠してなかなか買い手がつかないのだそうです。

日頃から喫煙をしている本人はなかなか気が付きにくいのですが、タバコを吸わない人にとっては車の中にタバコのニオイが染み付いているというのは耐え難いことなのだそうです。

喫煙車であっても、しっかりと車内クリーニングをすれば気にならないレベルまでキレイにすることも可能ですが、窓ガラスに付着したヤニはなかなか落ちにくいと言われています。

シートを触ったときの感触も非喫煙車とは異なるので、たとえニオイを消臭できたとしても、プロの査定士は喫煙車であることを見抜いてしまうそうです。

私の車は喫煙車ではありましたが、外観的にはきれいな車でしたので、査定額に致命的な影響を受けることはありませんでした。

ボディと車内は常にキレイにしていますし、足まわりも入念に手入れしており、査定士の方がチェックしたときも、「キレイに乗っておられますね」とお褒めの言葉をいただきました。

喫煙車によくあるトラブルとしては、タバコの焼け跡があるそうです。

車内でタバコを吸う人であれば、シートに灰を落とさないように気をつけてはいても、1度や2度は落としてしまったという経験はあるはずです。

シートに焼け跡がつくとマイナス評価になるので、車内でタバコを吸う人は十分に気をつけたほうがいいでしょう。

芳香剤については、あまり使わないほうがいいようです。

好き嫌いが激しく、芳香剤のにおいが嫌いな方ですと、車内に乗った瞬間に嘔吐感にみまわれるそうです。

私の場合は、あえて芳香剤は使用しておらず、におい消しのために無臭の消臭剤を使用していました。

どうしても車内での喫煙がやめられないのであれば、せめてタバコのニオイが染み付かないような努力は日頃からしたいものですね。