sitadori001

車の下取りの際にディーラーとはどのような交渉をすべきか?

新車ディーラーの常連客の方は、買取専門店に売却するよりもそのままディーラーに下取りに出すという選択をすることが多いでしょう。

気心の知れた担当さんに任せておけば、すべて手続きをしてくれますので車を手放す側にしてみれば非常に楽です。

車の下取りでは、売却することだけでなく、車の購入とセットになっているという点が大きな特徴です。

ただディーラーに売却するだけならば、買取専門店に売却するのと何ら変わらないといことになってしまいます。

下取りでは、「自分のクルマを高く売る」ということと「新車の値引き額を大きくする」ということの両方を考えて交渉する必要があります。

いま乗っているクルマを高く売りつつ、さらに新車の値引き額も大きくしてもらえればいうことはありませんが、そこは長い付き合いの担当さんとの関係を壊さない程度に上手に交渉する必要があります。

そのディーラーや担当の方を信頼しているのでれば、あまり強引な交渉はせずある程度はお任せしたほうがいい結果となるでしょう。

ディーラーはサポート力の高さが自慢であり、それは費用にも反映されています。

愛車を売却するだけならば、買取店のほうが高くなる傾向にあるのは事実ですが、車のトータルメンテナンスということを考えたら、全国にサポート網を有するディーラーと仲良くしておくにこしたことはありません。

そういった意味で、下取りで自分のクルマを高く売りつつ、新車の値引き額を拡大するということばかりを目指すのではなく、どこかで妥協点を見つけるような交渉をするのがいいと思います。

ディーラーでの下取り額を、買取り専門店なみに引き上げてもらったとしたら、新車の値引きは常識的な範囲で納得するとか、逆に査定はディーラーの基準で行ってもらって、その代わり新車に値引きを頑張ってもらうといった交渉の仕方ですね。

車の買い替えにおいて、こういった交渉がお互いにとってハッピーエンドに終われば、その後のメンテナンスなどにおいて、ディーラーの担当者はきっと素晴らしいサービスを提供してくれるに違いありません。