大手の買取り店と地元の中小の業者ではどちらに売るのが得か

最近では、全国にチェーン展開している大手の買取店が増えてきました。

どこの街に行っても、ガリバーやラビット、アップルといった大手の買取専門店の看板を見かけることが多くなっています。

これらの大手の買取業者の中でも、圧倒的に店舗数が多いのがガリバーで、全国に約500店舗あると言われています。

ラビットとアップルが店舗数ではほぼ同数で、全国で200店舗ほどです。

しかし、年間の買取台数でみると、ラビットの15万台に対してアップルは約6万台で、圧倒的にラビットの買取数の方が多くなっています。

ちなみに、ガリバーの年間買取台数は約20万台となっており、店舗数同様に業界ナンバーワンとなっています

私たちが車を売る場合に、こういった大手の買取専門店に売却するのと、地元の中小の業者に売るのとではどちらがお得になるのでしょうか?

単純に考えると、全国展開をして広告費などもふんだんに使っている大手の買取店の方が、経費がかかる分だけ査定額が厳しめになるような気がしますが、必ずしもそうとは限りません。

実は、こういった大手の買取店と地元の中小の業者では利益に対する考え方が異なります。

大手の買取店の場合は、どのような価格帯の車であっても、買い取ることによって得られる利益を、利益率という形で算出します。

それに対して、地元の中小の業者は、1台あたりの利益額を設定していることが多いのです。

たとえば、大手の買取店が1台あたりの利益率を10%で設定しているとします。

それに対して、地元の中小の業者は1台あたりの利益を10万円と決めていたとします。

オートオークションでの相場が200万円の車の場合、大手の買取店は10%の利益が出ることを想定して180万円で買い取ることになります。

それに対して、地元の中小の業者は1台あたりの利益を10万円と設定していますから、190万円で買取できることになります。

今度は、オートークションで50万円が相場の車があったとします。

大手の買取店は10%の利益が出ることを見込んで45万円で買取りをします。

地元の中小業者は1台あたりの利益を10万円と設定していますから、買取価格は40万円ということになります。

このように利益に対する考え方の違いから、高額な車の場合には中小の業者の方が買取額が高く、安い車の場合には大手の買取り店に売ったほうがお得になるという傾向があるわけです。

いずれにしも、車を売るときには大手から中小の業者も含めて、複数の業者に査定をしてもらって比較をすることが大切です。

ヤフオクなどの車の個人売買は本当にお得になるのか?

ヤフオクでは、中古車の売買が盛んに行われています。

ヤフオクというと、身の回りの不要になった日用品を売買するというイメージがありますが、意外にも車の売買をするという人も意外に多いのです。

中古車の買取店や販売店ではなく、あえてヤフオクで車の個人売買をするのは、あるメリットがあるからです。

あるメリットというのは、売り手と買い手の両方が金銭的に得をする可能性が高いということです。

一般の中古車市場における流通は、「売り主⇒買取専門店⇒オートオークション(業者だけが参加できるオークション)⇒中古車販売店→買い手」という流れになります。

ところが、ヤフオクを利用した個人売買の場合は「売主⇒ヤフオク⇒買い手」と、非常にシンプルな流れになります。

流通経路がシンプルになることによって、中間業者が得る経費分をコストダウンできることになるわけです。

つまり、売る側にしてみれば買取店に持ち込むよりも高く売れ、買う側にしてみれば中古車販売店から買うよりも安く買えるということになるわけです。

さらに、ヤフオクの場合はあくまでも個人同士の売買となるために、消費税が発生しないというメリットもあります。

たとえば、100万円で売買をした場合、消費税は8万円にもなりますので、これが免除になるというのは大きな魅力です。

ヤフオクを経由した車の売買には、そういった大きなメリットがあるわけです。

しかし、その反面デメリットもあります。

それは、悪質な詐欺などの被害にあう可能性があるという点です。

先に代金を振り込んだのになかなか車を渡してくれないとか、逆にあとで振込をするという約束で車を渡したのにいつになってもお金が振り込まれない、といったトラブルが意外に多いというのが実情です。

また、悪質な売り手になると、事故車であることを隠して売ってしまったり、メーターの巻き戻しで走行距離をごまかして売るというようなことも実際に行っているようです。

このように、ヤフオクを利用した車の売買には、大きなメリットがある反面、詐欺などの被害にあう可能性もあるということを、しっかりと認識しておくといいでしょう。

車をしばらく手放すときの自動車保険の取り扱いは?

車を売却した際に、何も考えずに自動車保険をそのまま解約してしまうと、損をしてしまう可能性があります。

自動車保険は、無事故のままで長年契約をしていると、どんどん等級が上がっていきます。

等級が上がれば上がるほど、保険料は逆に下がっていきますので、どんどん割安感が高くなります。

もちろん、無事故歴だけではなく、車の運転歴も長くなりますし年齢も上がっていくので、その分も加味されて保険料が安くなっていくわけです。

そういったメリットを無視して、車の売却と同時に解約をしてしまい、次の車を買うときにあらたに契約するとなると、最初の6等級からのスタートになってしまうわけです。

車の保険というものは、車ごとに契約するものではなく、車を運転する人ごとに契約するものなのです。

ですから、車を何度買い替えたとしても、あくまでも保険というのはそれを運転する本人にかけられているわけですから、過去の無事故歴は継続になるのです。

しかし、事情によっては車の売却と同時に自動車保険を解約しなくてはいけないこともあるでしょう。

仕事や家庭の事情で、一時的に車に乗らないことになくなることもあるでしょう。

たとえば、車が必要ない都会に転勤になってしまったり、しばらくの間海外へ赴任することが決まった場合などです。

こういった何らかの事情で車に乗らなくなる場合、当然自動車保険も必要なくなります。

しかし、将来また地方に転勤になったり帰国したりした場合には、車を購入するかもしれません。

そのときに、また自動車保険が6等級からになってしまうのは、なんとももったいない気がします。

そんな時には、自動車保険の中断制度を利用するといいでしょう。

中断制度が利用出来るのは、車を長期間手放す場合や海外渡航の場合で10年、妊娠が理由なら3年です。

つまり海外赴任などで車の売却をしても、保険の中断制度を利用しておけば、10年以内に車を購入した場合は現在の等級から自動車保険の契約をすることが出来るのです。

保険会社によって細かい規定があるようなので、もし中断制度を利用するのであれば、保険会社に相談してみるといいでしょう。

車を売るときにトラブルにならないために知っておくべきこと

中古車の買取の現場ではトラブルが生じることもあるので、気をつけなければなりません。

実際にあったトラブルの実例を知ることにより、自分が車を売るときのそういったトラブルに遭遇しないようにしたいものですね。

中古車の売買契約をするにあたっては大きな額のお金が動くことになりますし、 自動車の登録など重要な行政手続きなどの問題もありますので、できるだけトラブルは避けたいところです。

まず最初に知っておいてほしいトラブル事例として、査定額に関するものがあります。

ネットの一括査定サイトなどを利用した結果、高額な査定額を提示されたので喜んで店舗に向かったところ、 実際の車を見た結果かなりの金額を減額されてしまったというものです。

業者がお客を店に来させるために意図的に高額査定を提示する悪質な場合もあるようですが、実際にはそうでないことも多いようです。

車の査定というのは、年式や走行距離から単純に算出できるものではありません。

そのため、どうしても実車をみないでネットだけで査定をするというのは限界があるわけです。

実際の車を見た結果、思っていたよりも傷が多くて状態が悪いと判断されれば、査定額が減額になるのは仕方のないところです。

ですから、ネットで提示される査定額というのはあくまでも目安と考えておくことが、トラブル防止になるといえます。

それから、車の買取りにおいて意外にトラブルが多いのが、出張買取りサービスを利用した場合です。

業者の提示した査定額に納得が行かず断ったところ逆切れして居座られ、 売却するよう強引に迫られたというようなトラブルが実際にあるようです。

業者側の言い分としては、せっかく人件費や交通費をかけて出張してきたのに、売却を断るとはけしからんというわけです。

それまでの丁寧な態度とは一変して、ヤクザも顔負けの言葉で売却を強引に迫ってくることがあるようです。

出張査定の担当者には歩合で報酬が入ることもあるようなので、彼らも必死になって買取りをしようとするのでしょう。

確かに、わざわざ自宅まで出張査定に来てもらったのに手ぶらで帰ってもらうというのは後ろめたい気持ちになるものですが、だからといって納得のいかない金額で車を売却する義務などありません

売るかやめるか決めるのは、あくまで売る側が判断すべきことです。

もし、その担当者があまりにも強引で帰らないようであれば、会社に連絡をするか、消費者センターなどに助けを求めるようにするといいでしょう。

もし、口調が脅すような感じであれば、警察に連絡をするようにしましょう。

ディーラーに下取りに出すよりも買取り店は本当にお得か?

最近は、買取り専門店に車を売却する人が多くなっているようです。

理由としては、ディーラーに下取りよりも買取り店に売却したほうがお得だと思っている人が増えているからです。

しかし、実際に中古車業界の関係者に話を聞くと、必ずしもそうとは言い切れないようです。

あくまでもケースバイケースとなるため、自分の車の場合はどうなのかということを、きちんと調べてから下取りに出すのか買取り店に売るのかを決めたほうがいいと思います。

私自身は、いろいろと検討した結果、最終的にはディーラーに下取りをお願いしました。

車を売るときの相場については、ネットで調べてみればある程度分かります。

自分の車の査定額が知りたいのであれば、一括査定サイトなどを利用すればすぐにわかりますので、それをメモしておきます。

それらの金額をしっかりと確認したあと、こんどはディーラーに出向き下取りのための査定をお願いします。

ディーラーでは、下取りの分も含めて新車を購入したときの最終的な支払い金額出してもらいます。

その金額と、ネットで調べた買取り店に売却をしてから新車を購入した場合とでどちらがお得かを比較します。

私の場合には、ほとんど差がありませんでした。

そうであれば、あえて買取り店に売却をする理由はありません。

新車を購入する店と、車を売る店が別々になってしまうと、手続きも二重になってしまってかなり面倒です。

金額にそれほど差がないのであれば、すべて一箇所ですべて完結してしまう下取りの方がいいと思います。

また、新車のアフターケアなども考えた場合、よその店に車を売るよりも、下取りに出してあげた方が、あとあといろいろな便宜をはかってくれそうな気もします。

ディーラーへの下取りよりも買取り店への売却の方がお得だという先入観をすてて、まずは両方から見積もりをもらって比較してみることをお勧めします。

車は売ろうと思ったときに即売却するのが正解です

車は売ると決めたら、そのときが売り時なんですね。

売る予定の車をそのまま乗り続けても、年式が古くなってしまったり走行距離が増えてしまったら、それだけ査定額が低くなってしまうからです。

8万kmから9万kmを超えるくらいになってきたら、それだけで万単位で査定額が落ちますので、売るのか乗りつぶすのかを選択するしかなくなります。

先日私が車を売ったときも、売りたいと思ったその日に迷わずネットの一括査定に入力して査定額を確認してみました。

すると5社から連絡が入って、直接車を見てもらうよう話がトントン拍子に進んでいってしまいました。

もうこうなると後には引けませんので、完全に頭の中は車を売るモードに変化してしまいました。

出張査定という形で車を見てもらうことになったのですが、自宅の車庫では狭すぎてよく見ることができないと思い、近所の空き地に車を移動して見てもらうことにしました。

査定士が車を見ている時間は、各社によって多少は異なりますが、だいたい10~20分程度ですね。

向うもうっかり不具合のある部分を見逃してしまったら、自分たちが損をしてしまうので必死です。

短い時間ではあるのですが、本当によく車を観察します。

トランクやエンジンルームはもちろん、車体の下、車内の具合を徹底的にチェックします。

査定士によっては、チェックの途中で質問や報告をする人もいます。

「タバコ吸われないようですね」

とか

「過去に事故を起こしたことはないですよね」

といったようなことです。

オーディオなどの電気機器もちゃんと動作するかどうかしっかりとチェックしていたようです。

その後、一社を除いてその場で査定額を提示してくれました。

査定士は、チェックシートに査定内容書き込むのですが、そのデータをノートPCにインプットして、本社に送信します。

すると、本社から最終的な査定額が提示されたメールが送られてくる仕組みになっているようです。

査定時間と査定士が本社とやり取りする時間を合わせると、40~50分程度といったところです。

なんだかあっと言う間に終わったという感じです。

具体的な査定額を提示はしてもらったのですが、私はその場ではサインはしませんでした。

査定額を提示せずに帰社した一社があり、その業者の額を聞きたかったからです。

後日、全部の業者の査定額がそろったところで、車を売る業者を検討することになったのですが、結局一番高い査定額の業者ではなく、二番目に妥当な金額を提示した業者に売却することになりました。

担当者の対応がものすごくよかったことと、査定価格の説明が十分に納得できたからです。

一番高い金額を提示した業者は、担当者の人が不愛想で、イマイチ信用が出来ない感じがしたので、あえて外すことにしました。

喫煙車は禁煙車にくらべて査定額がかなり下がるそうです

車の査定を受けてみて分かったことですが、喫煙車は査定額が大きく下がってしまうそうです。

たとえ車内で喫煙をしたとしても、キズ・凹みとは無関係なので査定に関係ないと思いがちですが、どうもそうではないらしいのです。

車内で喫煙をすると、タバコの悪臭が染み付いてしまいますので、このにおいを敬遠してなかなか買い手がつかないのだそうです。

日頃から喫煙をしている本人はなかなか気が付きにくいのですが、タバコを吸わない人にとっては車の中にタバコのニオイが染み付いているというのは耐え難いことなのだそうです。

喫煙車であっても、しっかりと車内クリーニングをすれば気にならないレベルまでキレイにすることも可能ですが、窓ガラスに付着したヤニはなかなか落ちにくいと言われています。

シートを触ったときの感触も非喫煙車とは異なるので、たとえニオイを消臭できたとしても、プロの査定士は喫煙車であることを見抜いてしまうそうです。

私の車は喫煙車ではありましたが、外観的にはきれいな車でしたので、査定額に致命的な影響を受けることはありませんでした。

ボディと車内は常にキレイにしていますし、足まわりも入念に手入れしており、査定士の方がチェックしたときも、「キレイに乗っておられますね」とお褒めの言葉をいただきました。

喫煙車によくあるトラブルとしては、タバコの焼け跡があるそうです。

車内でタバコを吸う人であれば、シートに灰を落とさないように気をつけてはいても、1度や2度は落としてしまったという経験はあるはずです。

シートに焼け跡がつくとマイナス評価になるので、車内でタバコを吸う人は十分に気をつけたほうがいいでしょう。

芳香剤については、あまり使わないほうがいいようです。

好き嫌いが激しく、芳香剤のにおいが嫌いな方ですと、車内に乗った瞬間に嘔吐感にみまわれるそうです。

私の場合は、あえて芳香剤は使用しておらず、におい消しのために無臭の消臭剤を使用していました。

どうしても車内での喫煙がやめられないのであれば、せめてタバコのニオイが染み付かないような努力は日頃からしたいものですね。

車を売るならば大手の直営店がおススメな理由

フランチャイズ(FC)店を展開している車の買い取り業者がありますが、同じFC店であっても査定額が同じになるとは限りません

こういったお店の場合、査定士は車の査定をしたあとに本部にデータを送信し、本部から帰ってきたデータをもとに買い取り金額を決定する仕組みになっています。

そのため、どこのお店であっても同じ査定額になると考えられますが、実はお店ごとに微妙に買取り金額が異なるのです。

FC店というのは、あくまでもお店ごとに経営者がことなり、それぞれ本部にロイヤリティを支払う必要があるのです。

そしてロイヤリティを支払った残りの金額の中から、店の人件費・不動産賃貸料等の維持費を賄うことになるわけです。

そのため、個々の店のさまざまな事情によって、利益をだすことのできる買取り金額というのは変わってくるわけです。

その結果、おなじFC店であるにもかかわらず、お店によって査定額が変わってしまうことになります。

FC店ではなく、直営店であれば査定額が高くなる可能性があるといわれるのは、

ロイヤリティを支払う必要がないからです。

このように、大手の買取り専門店は、同じ看板で営業をしていますが、その中身はそれぞれの事情によって違うということになります。

FCを展開している大手で車の査定を依頼するのなら、できるだけ直営店を選んだ方がいいかも知れませんね。

また車の査定額は、こうした個々の店の事情だけではなく、時期によっても変わってきます。

株式公開している大手ならば、経営者の意識は株主に向いており、特に決算期前に前年度よりも業績があまり良くないときにはその意識は更に強くなるでしょう。

今では四半期毎に決算発表をしていますが、その度に業者が利益の源泉となる中古車を多く仕入れることは少ないです。

やはり中古車の需要が大きく動くのは、なんといっても3月です。

この時期は、多くの企業で人事異動があったり新社会人が車を買う時期と重なるため、中古車の需要が大きく伸びます。

そして、数が限られている中古車の販売価格は、必然的に上昇していくことになるわけです。

車の査定を依頼するのなら、決算期が3月頃の大手の直営店に、年度末に渡すようにするのがベストでしょう。

中古車査定の体験談はこちら

車のオンライン査定は本当にあてにならないのか?

「オンライン査定の評価額はあてにならない」と言われる人がいます。

その理由として、オンライ査定で即時に提示される金額は「50万円~130万円」というように査定額の範囲が非常に幅広く、自分の愛車の実際の相場が分かりにくいからです。

また、これらはあくまでも平均的な金額なので、50万円を下回ってしまう可能性だってあるわけです。

たとえば、過去に事故を起こしたことがあって、走行性能に支障をきたすような修理歴があるような車の場合には、50万円以上の買取り額を提示することは難しくなってしまうことでしょう。

オンライン査定で過去のデータから即時に提示される金額は、あまりにアバウト過ぎてあまり参考にならないというのは事実ですが、そのあとに、年式や走行距離をもとに実際に業者が出して来る査定額はかなり正確なものです。

私がオンラインの車の買い取り査定を受けたときは、65万円という評価額になりました。

ただ、これは実車を見てもらったわけではなく、あくまでオンラインで状態を伝えただけです。

プラス・マイナスポイントは考慮されていないので、ここで算出された金額はあくまで目安となります。

後日、出張査定を受けることになったのですが、結果的に車の買い取り額は62万円に下がりました。

「小さなキズと凹みがある」というのが理由でした。

私も、オンラインで出してもらった65万円という金額が頭にあったので「65万円を下回るようなら他社をあたってみます」とお伝えしました。

すると、その業者は、即決で売却を決めてくれることを条件に、65万円での買取りを提案してくれたのです。

業者側としても、わざわざ出張査定にきたのに他社に車を売却されるのは嫌だったのでしょう。

少しくらい査定額をアップしても、車を買い取りたいと考えたに違いありません。

このように、オンライ査定で出された買取り金額は、実際に車を見て査定をしてもらった場合にプラスになったりマイナスになったりすることはあります。

しかし、オンライン査定であっても、それほど大きく相場を外すようなことはありませんので、十分に実用になると思います。

少しでも車を高く売りたいと考えている人は、ぜひ一度利用してみるといいでしょう。

車の下取りの際にディーラーとはどのような交渉をすべきか?

新車ディーラーの常連客の方は、買取専門店に売却するよりもそのままディーラーに下取りに出すという選択をすることが多いでしょう。

気心の知れた担当さんに任せておけば、すべて手続きをしてくれますので車を手放す側にしてみれば非常に楽です。

車の下取りでは、売却することだけでなく、車の購入とセットになっているという点が大きな特徴です。

ただディーラーに売却するだけならば、買取専門店に売却するのと何ら変わらないといことになってしまいます。

下取りでは、「自分のクルマを高く売る」ということと「新車の値引き額を大きくする」ということの両方を考えて交渉する必要があります。

いま乗っているクルマを高く売りつつ、さらに新車の値引き額も大きくしてもらえればいうことはありませんが、そこは長い付き合いの担当さんとの関係を壊さない程度に上手に交渉する必要があります。

そのディーラーや担当の方を信頼しているのでれば、あまり強引な交渉はせずある程度はお任せしたほうがいい結果となるでしょう。

ディーラーはサポート力の高さが自慢であり、それは費用にも反映されています。

愛車を売却するだけならば、買取店のほうが高くなる傾向にあるのは事実ですが、車のトータルメンテナンスということを考えたら、全国にサポート網を有するディーラーと仲良くしておくにこしたことはありません。

そういった意味で、下取りで自分のクルマを高く売りつつ、新車の値引き額を拡大するということばかりを目指すのではなく、どこかで妥協点を見つけるような交渉をするのがいいと思います。

ディーラーでの下取り額を、買取り専門店なみに引き上げてもらったとしたら、新車の値引きは常識的な範囲で納得するとか、逆に査定はディーラーの基準で行ってもらって、その代わり新車に値引きを頑張ってもらうといった交渉の仕方ですね。

車の買い替えにおいて、こういった交渉がお互いにとってハッピーエンドに終われば、その後のメンテナンスなどにおいて、ディーラーの担当者はきっと素晴らしいサービスを提供してくれるに違いありません。